人事労務トラブルの備え ~サ-ビス残業編~

~知らないと損をする、労働基準法の表と裏~

講座記号:M26

賃金未払い残業(サービス残業)に対する指導が厳しくなってきました。    
労働基準監督署の立ち入り調査を受けた場合、どのように対処すればよいのでしょうか。
知らないと損をする労基法の表と裏を経験豊富な講師が具体的に解説します!

開催概要

日時 3月13日(水) 
10:00~12:00(2時間)
会場 >>大阪会場
受講料 9,450円(テキスト代・消費税含む)
対象 管理監督者、人事労務担当者
内容

テーマ 内容
1、昨今の労働環境とサービス残業の実態(1)萎縮する労働環境が生み出す様々な問題
(2)サービス残業の問題点と背景の本質
2、労働基準監督署の調査について(1)全体像の解説
(2)労働基準監督署・労働基準監督官とは
(3)根拠法である労働基準法とは
(4)調査を受けるきっかけと調査の種類
(5)調査の主眼は労働時間と時間外手当
(6)調査の流れについて
(7)調査結果の取り扱い
(8)調査を忌避した場合
(9)調査結果に対する社内対応とその報告
(10)調査結果で指摘された内容の法的効果
(11)調査結果に対して対応・報告しなかった場合の顛末
(12)参考事例・裁判例紹介
(13)以上を踏まえての実務対応ポイント

注意事項 ●セミナーお申し込みの流れや注意事項に関しまして、必ず下記URLをご覧ください。
 http://apj.aidem.co.jp/seminar/flow.html

●FAXからのセミナー申し込みをご希望の際は、下記URLの「公開資料」より
 「FAX用お申し込み用紙」をダウンロードしてください。
 https://seminar.aidem.co.jp/public/
その他おすすめセミナー 人事労務トラブルの備え ~メンタルヘルス編~
マニュアル就活生を見抜く、今どきの採用・面接講座
伝える力を磨く、社内講師スキルアップトレ-ニング
このセミナーへの
お問い合わせ

株式会社アイデム 人と仕事研究所 関西オフィス

〒550-0005 大阪府大阪市西区西本町1-13-43 アイデム西本町ビル

フリーコール:0120-005-093

岡西淳也 氏 (おかにし じゅんや 氏)

社会保険労務士法人岡西労務管理センタ- 代表社員
特定社会保険労務士、経営・労務コンサルタント(MBA)
日本銀行で8年間、コンプライアンス全般・国会連絡・訴訟等労働紛争対応などにあたるなど異色の経験をもつ。平成24年3月退職。得意分野は、賃金・人事制度の構築、メンタルヘルス対策、労働紛争解決。セミナ-では、歯切れのよい口調で、現場を熟知した講義に定評がある。

Z~i[JÈꗗ i{j Z~i[JÈꗗ i{j ߃Z~i[Eptbg_E[hj