すっきり分かる「ストレスチェック制度義務化」対応講座

~人事担当者が押さえておくべきポイントを完全網羅~

講座記号:S52

改正労働安全衛生法により、パートや臨時の労働者も含め50名以上の労働者を使用する事業者は、今年12月1日から来年11月30日までの間にストレスチェックを実施し、以降毎年1回以上実施することが義務付けられます。企業として何をどのように準備すればよいのでしょうか。現段階で知っておくべきことにポイントを絞ってお伝えいたします!

開催概要

日時 【2015年開催分】
◆新宿会場 11月 9日(月) 13:30~16:30(3時間)
◆大阪会場 11月25日(水) 13:30~16:30(3時間)
会場 >>新宿会場
>>大阪会場
受講料 6,000円(テキスト代・消費税含む)
対象 企業経営者、総務・人事部ご担当者
内容
1.ストレスチェック制度について
 (1)趣旨・目的とは
 (2)基本的な考え方
 (3)実施に当たっての留意事項
 (4)実施に当たっての手順

2.ストレスチェックの実施について
 (1)衛生委員会とは
 (2)産業医とは
 (3)事業場単位とは
 (4)実施方法とは
 (5)EAP業者とは

3.ストレスチェックの実務について
 (1)最初の実施時期とその後の実施時期
 (2)ストレスチェックに使う調査票
 (3)ストレスの評価方法と高ストレス者の選定方法
 (4)従業員へのストレスチェックの勧め
 (5)ストレスチェック結果の通知方法
 (6)ストレスチェック結果の通知の留意点

4.ストレスチェック後の実務について
 (1)ストレスチェック結果通知後の対応
 (2)面接指導対象者
 (3)面接指導実施医師
 (4)面接指導の実施
 (5)面接指導実施後の対応
 (6)面接指導結果の記録保存

5.集団ごとの集計・分析について
 (1)集団ごとの集計・分析とは
 (2)集計・分析の流れと活用

6.その他関連実務ついて
 (1)情報保護の留意点
 (2)労働基準監督署への報告について
 (3)未受検者に対する不利益な取り扱いの禁止   
 (4)派遣労働者を受け入れる派遣先事業者の留意点
 (5)派遣元事業者と派遣労働者の検査
 (6)労働者数50人未満の事業場への支援
 (7)建設現場等の関係請負人への制度適用要否   
 (8)海外出張者や長期出張者等に対する適用  
 (9)ストレスチェックや面接指導中に対する賃金

注意事項 ●セミナーお申し込みの流れや注意事項に関しまして、必ず下記URLをご覧ください。
 http://apj.aidem.co.jp/seminar/flow.html

●FAXからのセミナー申し込みをご希望の際は、下記URLの「公開資料」より
 「FAX用お申し込み用紙」をダウンロードしてください。
 https://seminar.aidem.co.jp/public/
その他おすすめセミナー こちらのセミナーに興味のある方におすすめです。
驚くほどよく分かる!年末調整セミナー
実践!採用から退職までの社会保険(給付編)
教え方を学ぶ教育担当養成セミナー
このセミナーへの
お問い合わせ

株式会社 アイデム 人と仕事研究所

フリーコール:0120-225-153(新宿会場) フリーコール:0120-005-093(大阪会場)

岡西淳也 氏 (おかにし じゅんや 氏)

社会保険労務士法人岡西労務管理センタ- 代表社員
特定社会保険労務士、経営・労務コンサルタント(MBA)
日本銀行で8年間、コンプライアンス全般・国会連絡・訴訟等労働紛争対応などにあたるなど異色の経験をもつ。平成24年3月退職。得意分野は、賃金・人事制度の構築、メンタルヘルス対策、労働紛争解決。セミナ-では、歯切れのよい口調で、現場を熟知した講義に定評がある。

Z~i[JÈꗗ i{j Z~i[JÈꗗ i{j ߃Z~i[Eptbg_E[hj