よく分かる!困った社員への適切な実務対応法

講座記号:S88

採用した社員は育成しなければなりません。
しかし、企業運営に支障をきたす社員には、法的な対応が必要な場合があります。
その正しい見極め方と具体的な対応法を、様々なパターンで分かりやすく解説します。

開催概要

日時 10月12日(金)
13:00~17:00(4時間)
会場 >>新宿会場
受講料 10,800円(テキスト代・消費税含む)
対象 経営者、管理職、人事・労務担当者
内容

テーマ 内容
●激増する労働問題自社で起きたらどうなる?社内混乱、業績への影響
●懲戒権とは懲戒処分と解雇のプロセス
懲戒処分でできること・できないこと
(減給処分、出勤停止、降格・降級、解雇、賞与不支給)
●労働問題の種類と対応①能力不足
②反抗的態度・業務命令や諸規則を守らない
③企業秩序を乱す
④明確な違反ではない場合(取引先からの悪評、SNSの書
 き込み)
⑤企業外非行(飲酒運転・自損事故、喧嘩、勧誘・強要)
⑥触法行為(痴漢、万引き、暴行)
●労働問題がこじれたら多数ある労働者の相談窓口の種類
自社/社労士/弁護士ができる対応
●普段からできる予防的措置労働基準法の理解と的確な実施
後から言われないための規程の整備法と研修
●さいごに早期からの相談の重要性 見極め方法

注意事項 ●セミナーお申し込みの流れや注意事項に関しまして、必ず下記URLをご覧ください。
 http://apj.aidem.co.jp/seminar/flow.html

●FAXからのセミナー申し込みをご希望の際は、下記URLの「公開資料」より
 「FAX用お申し込み用紙」をダウンロードしてください。
 https://seminar.aidem.co.jp/public/
その他おすすめセミナー こちらのセミナーに興味のある方におすすめです。
2018-2019法改正のポイントと対応策
年末調整の基本を知るセミナー
実践!採用から退職までの社会保険(給付編)
自立型社員に成長させる!OJTトレーナー研修
このセミナーへの
お問い合わせ

株式会社 アイデム 人と仕事研究所

〒160-0022 東京都新宿区新宿1-4-10 アイデム本社ビル

フリーコール:0120-225-153

岡西淳也 氏 (おかにし じゅんや 氏)

社会保険労務士法人岡西労務管理センター 代表社員。特定社会保険労務士、経営・労務コンサルタント(MBA)。日本銀行で8年間、コンプライアンス全般・国会連絡・訴訟等労働紛争対応にあたるなど異色の経験をもつ。2012年3月退職。得意分野は、賃金・人事制度の構築、メンタルヘルス対策、労働紛争解決。歯切れのよい口調で、現場を熟知した講義に定評がある。

Z~i[JÈꗗ i{j Z~i[JÈꗗ i{j ߃Z~i[Eptbg_E[hj