新入社員3日間研修“職場で活躍する社員になる”

講座記号:E69

学生から社会人・企業人への意識の切り替えを促す3日間
◆社会人として必須のビジネスマナ-&コミュニケーション力を習得 
◆自分の持ち味を知り、組織に貢献できる方策を、体験的に学ぶ

開催概要

日時 【2020年開催分】
①2020年4月2日(木)・3日(金)・6日(月)
②2020年4月6日(月)・7日(火)・8日(水)
各日10:00~17:00
会場 >>大阪会場B(アイデム西本町第2ビル)
受講料 44,000円 
※表示価格は全て、テキスト代・昼食代・消費税含む
対象 2020年4月入社の新卒社員
内容

<ビジネスマナーを習得する2日間>

テーマ 内容
1.社会人としての心構え 学生と社会人の違い
2.ビジネスマナ-実践トレ-
  ニング
(1)第一印象の重要性、身だしなみ
(2)発声、表情トレ-ニング 
(3)基本動作(お辞儀)トレ-ニング
3.社会人としての言葉遣い習
  得
(1)正しい敬語の使い方 
(2)感じのよい言葉遣い  
(3)言葉遣い実践練習
4.コミュニケーションの基本(1)感じのよい話し方・聴き方のポイント
(2)話し方・聴き方トレ-ニング

テーマ 内容
5.前日の復習
6.来客応対の基本を習得(1)受付での対応    
(2)ご案内(エレベータ-・階段・席次)
(3)お茶の出し方    
(4)名刺交換の仕方
(5)お見送り
7.仕事の進め方を習得(1)報告・連絡・相談の大切さ
(2)実践トレ-ニング「指示の受け方」「報告の仕方」
8.電話の受け方・掛け方トレ
  ーニング
(1)電話の特性を理解する
(2)電話の受け方・掛け方トレ-ニング
9.メール作成の留意点(1)メールでのビジネス文書  
(2)メール活用の留意点
10.レジリエンス・マッスル
  の鍛え方
(1)レジリエンスとは? 
(2)感情のコントロール

<職場で活躍する社員になる>

テーマ 内容
1.オリエンテーション・研修のねらい
・研修スケジュール
・研修のルール
2.職場で必要とされる人材と
  なるために
(1)職場で必要とされる人材とはどんな人材?
(2)基本の大切さを、本当の意味で理解しよう
(3)常に相手の立場(上司・お客様)の視点から考える
(4)将来のために、今から実力を積み上げよう!
3.依存から自立へ、そして相
  互依存へ
(1)依存とは何か、自立とは何か、そして相互依存とは?
(2)刺激・反応モデルとは
(3)反応的な言葉の問題点とは
(4)自ら主体性を持って仕事に臨み、成長プロセスを体得
   しよう
4.あなたの「強み」を認識
  し、最大限に活かそう
(1)「振り返りシート」で今までを振り返りましょう
(2)自分自身の本当の「強み」、わかっていますか?
(3)「弱み」も把握し、自分自身を理解しよう
(4)「弱み」と「強み」は表裏一体。最大限に活かそう
(5)意外と知らない。他者から見たあなたの「持ち味」
(6)あなたが大切にしている「価値観」は?
5.自律した職業人になるため
  に
(1)常にプラス思考で考えよう
(2)チャレンジ精神を身に付けよう
(3)「やる気のメカニズム」を理解しよう
(4)可愛がられる人材に ~常に感謝を~
6.質疑応答・まとめ
※日程によりコースの順番が異なります。
注意事項 ●セミナーお申し込みの流れや注意事項に関しまして、必ず下記URLをご覧ください。
 http://apj.aidem.co.jp/seminar/flow.html

●FAXからのセミナー申し込みをご希望の際は、下記URLの「公開資料」より
 「FAX用お申し込み用紙」をダウンロードしてください。
 https://seminar.aidem.co.jp/public/
その他おすすめセミナー こちらのセミナーに興味のある方におすすめです。
新入社員3日間研修“社会人力とレジリエンス力を鍛える”
新入社員2日間研修
新入社員ステップアップ講座
このセミナーへの
お問い合わせ

株式会社アイデム 西日本事業本部 キャリア開発支援チーム

フリーコール:0120-005-093

田中雅之 氏 (たなか まさゆき 氏)

大学卒業後、㈱宝塚グランドホテルに入社。直営レストランにてマネージャーとして勤務。パート・アルバイトへの教育・シフト管理の他、催事の企画立案から実施まで幅広く店舗管理に従事する。その後、人材派遣業会社で営業所長として勤務。2009年1月にリサーチ・パートナーズ㈱を設立。クライアント視点に立ち、満足度の高い調査報告として信頼を得る。研修では受講者に寄り添い、かつ的確なアドバイスをする研修が好評である。
                     ※<職場で活躍する社員になる>担当講師

Z~i[JÈꗗ i{j Z~i[JÈꗗ i{j ߃Z~i[Eptbg_E[hj