できる社員だけがやっている「気がきく仕事術」

講座記号:N92

気がきく人とは、仕事を指示通りにこなすのではなく、仕事の先を読み、プラスαの心遣いを付加できる人です。情報収集力・俯瞰力・気づき力を向上させることにより、主体的に提案・改善行動がとれるよう指導します。

開催概要

日時 【2017年開催分】
12月6日(水)10:00~17:00(6時間)
会場 >>大阪会場(アイデム西本町ビル)
受講料 27,000円 
※テキスト代・消費税含む
※昼食は準備しておりません。各自でご対応ください。
対象 若手社員、実務力を向上したい方
内容

テーマ 内容
1.雇用される能力を高める3
  つの力
1)自分の価値を上げる仕事の仕方ができていますか?
2)どこの組織でも通用する力を身に付ける!
3)仕事がうまくいく人の3つの力
  ①情報収集力 ②俯瞰力 ③気づき力
  <気づく→作戦→行動>
4)自分の付加価値を上げる仕事のコツを掴む!
5)巻き込み力のある人の伝え方のコツ【演習】
2.「先読み仕事」で会社の利
  益に貢献する
  【ディスカッション】
<「CS・ホスピタリティー」>
1)調査で明らかになったCSがうまくいかない理由
2)+αの先読みであなたの価値はもっと上がる
3)顧客満足の原理原則を理解し先回りする
4)気持ちを表現する「挨拶」とは【トレーニング】
3.正しい仕事の基本とコツを
  掴んでおこう!
<「報・連・相・正しい指示の受け取り方」>
1)目的・背景を先読みして信頼される仕事をする
2)なぜ、「報告・連絡・相談」が重要なのか
  【ディスカッション】
3)上司とあなたに意図と解釈の違いはないか    
4)気がきく人の指示の受け方はここが違う
5)「で、何が言いたいんだ!」と言われない伝え方
6)事実と所感を一緒にしない【トレーニング】
7)周囲に喜ばれる報・連・相の留意点
4.伝えたい内容を明瞭・簡
  潔・効率的に書く
<「文書力」>
1)「書ける人財」=仕事ができる人
2)相手の納得を得るのに必要な「書く力」強化
3)論理的思考とは「筋道立ててきちんと物事を考える力」
4)「誰」に対して「何のため」なのか目的を明確にする
5)読み手の立場に立った文書作成とは【演習】
6)報告書各種・議事録・稟議書の書き方参考例
  ・あなたの報告書が上司の意志決定に影響する
  ・議事録・稟議書外せないポイント
7)社内メール 誤解ないメールとは【演習】
8)明日から取り組むこと【演習】

注意事項 ●セミナーお申し込みの流れや注意事項に関しまして、必ず下記URLをご覧ください。
 http://apj.aidem.co.jp/seminar/flow.html

●FAXからのセミナー申し込みをご希望の際は、下記URLの「公開資料」より
 「FAX用お申し込み用紙」をダウンロードしてください。
 https://seminar.aidem.co.jp/public/
その他おすすめセミナー こちらのセミナーに興味のある方におすすめです。
若手社員の「聴く力」と「伝える力」トレーニング
明日からサクサクできる報連相トレーニング
強みを知り自信に変える!2年目に向けてのステップアップ研修
このセミナーへの
お問い合わせ

株式会社アイデム 人と仕事研究所 関西オフィス

フリーコール:0120-005-093

北川和恵 氏 (きたがわ かずえ 氏)

エンパワーモチベーション 代表
人財パワーアッププロデューサー
接遇マナー研修、コミュニケーション研修、店舗調査など数多くの企業研修やセミナーの講師として活躍中。元女優ならではの魅力あふれるトークで自然に受講者を巻き込んでいく。気づきを促し、モチベーションを高め、能力・前向きさを引き出す指導には定評がある。
著書に『できる人が続けている「先読み仕事術」』(同文舘出版)、 『「気がきく人」のスマート仕事術』(同文舘出版)がある。

Z~i[JÈꗗ i{j Z~i[JÈꗗ i{j ߃Z~i[Eptbg_E[hj