【動画版】社員と組織を守るためのメンタル不調者への対応

講座記号:AC2

メンタル不調者


当商品は、所有のパソコンやスマートフォンで購入後、すぐに受講可能な、研修動画です。購入お申込み月の翌月末まで視聴が可能です。当動画の内容は、2021年2月26日に実施したオンライン研修を撮影・編集したものです。

講師が8年間在籍していた組織では、200名を超えるメンタル不調者の対応を一人で行ってきました。
その経験をもとに、備えである就業規則の見直し、不調者が確認され場合にすべきことを、岡西氏ならではの視点で、他では聞けない対応法をお伝えします。


開催概要

日時 当商品は、所有のパソコンやスマートフォンで購入後、すぐに受講可能な、セミナー動画です。

動画視聴期限:購入お申込月の翌月末まで
会場
受講料 9,900円(テキスト代・消費税含む)
視聴時間:約240分
対象 人事担当者、経営層
内容

テーマ 内容
1.はじめに(1)増加を続けるメンタル不調者とその傾向
(2)最近のメンタル不調者に関する労務管理問題と特徴
2.メンタル不調者の最近の傾向に対する会社の備えについて(1)不備が多く放置されたままの就業規則
(2)就業規則が持つ意味・会社が持つ人事権の持つ意味
3.そもそも休職とは(1)休職制度の正しい理解
(2)休職制度の上手な活用
(3)休職で重要なのは復職判定
4.労務管理の基本(1)メンタル不調者への接し方
(2)メンタル不調者の主治医への問い合わせ
(3)産業医の有効活用
(4)これらを受けた規程整備と見直しポイント
(5)詐病や会社の指示に従わない場合
(6)復職支援サービス利用の是非
(7)リハビリ出社・出勤の是非
5.業務に起因する場合の対応(1)「業務に起因」の構成要因
(2)最新の業務上の認定状況
(3)従業員からメンタル不調について労災申請があった場合の対応
6.実務対応ポイント(1)採用時に見分けることができるのか
(2)採用後すぐにメンタル不調が発現した場合
(3)入社1年以内にメンタル不調が発現した場合
(4)隔日勤務や短時間勤務を求めてきた場合
(5)休職中に求める報告をしない場合
(6)休職中に旅行や遊びを繰り返している場合

注意事項 ●動画視聴の流れ
1.お申し込み後、確認のメールをお送りいたします。
2.お申込み確認後、3営業日以内に請求書と動画視聴ご案内メールをお送りいたします。
3.ご案内メールに沿って、動画視聴を開始してください。
4.請求書に沿って、締め切り日までにご入金をお願いいたします。

●動画視聴の期間
動画視聴可能期間:購入お申込後の翌月末まで

例:5月15日にお申込みした場合
動画視聴開始→5月18日までに視聴可能
動画視聴期限→6月末

例:5月30日にお申込みした場合
動画視聴開始→6月2日までに視聴可能
動画視聴期限→6月末

●推奨ブラウザ
動画を視聴するブラウザは、IEだと文字化けしてしまう可能性がありますので、Google Chromeを推奨しております。

●動画の二次利用についてのお断り
当動画を無許可で転載・複製・転用することを固く禁じます。また、それらが発覚した場合、法律により罰せられることがございます。

●セミナーお申込の流れや注意事項に関しまして、必ず下記URLをご覧ください。
また、FAXからの申込をご希望の際は、下記URLから申込用紙をダウンロードしてください。
http://apj.aidem.co.jp/seminar/flow.html
その他おすすめセミナー こちらのセミナーに興味のある方におすすめです。
【動画版】感染症・災害など緊急時に備える労務管理対応
【オンライン】まるわかり!「扶養控除」の基礎知識
最近の「労働トラブル」傾向と対策
このセミナーへの
お問い合わせ

株式会社 アイデム 東日本事業本部・西日本事業部 キャリア開発支援チーム

東日本:0120-225-153 西日本:0120-005-093

岡西淳也 氏 (おかにし じゅんや 氏)

社会保険労務士法人岡西労務管理センター 代表社員。特定社会保険労務士、経営・労務コンサルタント(MBA)。日本銀行で8年間、コンプライアンス全般・国会連絡・訴訟等労働紛争対応にあたるなど異色の経験をもつ。2012年3月退職。得意分野は、賃金・人事制度の構築、メンタルヘルス対策、労働紛争解決。歯切れのよい口調で、現場を熟知した講義に定評がある。

Z~i[JÈꗗ i{j Z~i[JÈꗗ i{j