【動画版】人事担当者が押さえておきたい法律知識(中級編)

講座記号:AC7

法律知識中級編

当商品は、所有のパソコンやスマートフォンで購入後、すぐに受講可能な、研修動画です。購入お申込み月の翌月末まで視聴が可能です。当動画の内容は、2021年10月8日に実施したオンライン研修を撮影・編集したものです。

人事担当者が押さえておきたい法律知識(初級編)の続編。
実務に必要な、役立つ重要ポイントを経験豊富な社労士が解説します。
労働法が組織全体に与える影響を、幅広い視点から身につけましょう。



開催概要

日時 当商品は、所有のパソコンやスマートフォンで購入後、すぐに受講可能な、セミナー動画です。

動画視聴期限:購入お申込月の翌月末まで
会場
受講料 9,900円(テキスト代・消費税含む)
視聴時間:約180分
対象 経営者の視点で労働法を学びたい方、「人事担当者が押さえておきたい法律知識(初級編)」を受講された方
内容

テーマ 内容
1.労働各法が実務に与える影響(1)労働法が人事の仕事にどう影響するのか?
2.労働の世界における民法(1)特別法としての労働基準法などの労働法
(2)一般法としての民法
3.労働紛争の「判例」をどう読むか?(1)理解しにくい判例を読むポイントを知る
4.各法における行政対応
5.各法が経営者にどう影響するのか?
6.各法が労働者にどう影響するのか?
7.経営者が絶対押さえておくべきポイント
8.法改正対応実務(1)各法の改正に人事としての対応法

注意事項 ●動画視聴の流れ
1.お申し込み後、確認のメールをお送りいたします。
2.お申込み確認後、3営業日以内に請求書と動画視聴ご案内メールをお送りいたします。
3.ご案内メールに沿って、動画視聴を開始してください。
4.請求書に沿って、締め切り日までにご入金をお願いいたします。

●動画視聴の期間
動画視聴可能期間:購入お申込後の翌月末まで

例:5月15日にお申込みした場合
動画視聴開始→5月18日までに視聴可能
動画視聴期限→6月末

例:5月30日にお申込みした場合
動画視聴開始→6月2日までに視聴可能
動画視聴期限→6月末

●推奨ブラウザ
動画を視聴するブラウザは、IEだと文字化けしてしまう可能性がありますので、Google Chromeを推奨しております。

●動画の二次利用についてのお断り
当動画を無許可で転載・複製・転用することを固く禁じます。また、それらが発覚した場合、法律により罰せられることがございます。

●セミナーお申込の流れや注意事項に関しまして、必ず下記URLをご覧ください。
また、FAXからの申込をご希望の際は、下記URLから申込用紙をダウンロードしてください。
http://apj.aidem.co.jp/seminar/flow.html
その他おすすめセミナー こちらのセミナーに興味のある方におすすめです。
【動画版】人事担当者が押さえておきたい法律知識(初級編)
【動画版】突然の調査で慌てないための労基署の基本対応法
【動画版】よく分かる!困った社員への適切な実務対応法
このセミナーへの
お問い合わせ

株式会社 アイデム 東日本事業本部・西日本事業部 キャリア開発支援チーム

東日本:0120-225-153 西日本:0120-005-093

岡西淳也 氏 (おかにし じゅんや 氏)

社会保険労務士法人岡西労務管理センター 代表社員。特定社会保険労務士、経営・労務コンサルタント(MBA)。日本銀行で8年間、コンプライアンス全般・国会連絡・訴訟等労働紛争対応にあたるなど異色の経験をもつ。2012年3月退職。得意分野は、賃金・人事制度の構築、メンタルヘルス対策、労働紛争解決。歯切れのよい口調で、現場を熟知した講義に定評がある。


講師紹介動画

Z~i[JÈꗗ i{j Z~i[JÈꗗ i{j