今、知るべき「労働契約」 (雇用契約改善セミナー)

~円満な労働契約の「締結」「運用」「更新」で会社を守る~

講座記号:RS3

最近、「労働契約」に関することで「採用後のトラブル」や「早期離職」につながってしまったという声をよくお聞きします。もしトラブルとなった場合、この人材難の時代に採用活動がより困難となってしまいます。適切な「労働契約」を結び運用することが、採用率を向上させる大原則です。
本研修では、円満な「労働契約」に必要な実務について、2018年問題への対策を交えながら「押えるべきポイント」に絞ってお伝えいたします。

※「雇用契約書」「労働条件通知書」サンプルを無料進呈

開催概要

日時 【2017年開催分】
◆柏会場 11月24日(金) 14:00~17:00(3時間)

追加開催決定!【2018年開催分】
◆柏会場 2月5日(月) 14:00~17:00(3時間)
会場 >>柏会場
受講料 5,400円(テキスト代・消費税含む)
対象 企業経営者、人事労務担当者の方
内容

テーマ 内容
プロローグ~2018年問題って何?・2018年4月に無期転換ルール適用から5年
・人口減少問題


労働契約締結時に押さえるべきポイント・公正化と透明化を図る
・書面の取り交わし、口頭説明による労働条件の明示(労基法第15条1項)
・雇用に際して必要な書類(契約更新の場合は、改めて書面で労働条件の明示が必要)
【共有テーマ】「労働条件で求職者に誤解されたことは何ですか?」


契約締結後の運用方法で押えるべきポイント・試用期間を設ける場合に事前におさえておくべきこと
 本採用の条件、本人への通知
・条件変更等の対応
 賃金改定、シフトの変更等
【共有テーマ】「条件変更をどのように伝えていますか?」

契約更新時に押えるべきポイント・更新基準はどうすればいいのか?
・本人への通知で気をつけたいこと
・雇い止めに関する基準(雇い止め法理)
【共有テーマ】「更新しない場合、どのような対応をしていますか?」

「改正労働契約法に係る2018年問題」で押えるべきポイント・無期転換ルールと雇止め法理の法定化の現状
・就業規則、労働契約、評価方法等の見直しの必要性

注意事項 ●セミナーお申し込みの流れや注意事項に関しまして、必ず下記URLをご覧ください。
 https://apj.aidem.co.jp/seminar/flow.html

●FAXからのセミナー申し込みをご希望の際は、下記URLの「公開資料」より
 「FAX用お申し込み用紙」をダウンロードしてください。
 https://seminar.aidem.co.jp/public/
その他おすすめセミナー こちらのセミナーに興味のある方におすすめです。
会社と社員を守る 行政対応から考える残業削減の取り組み方
最近の法改正のポイントと対応策
実践!採用から退職までの社会保険(給付編)
このセミナーへの
お問い合わせ

株式会社 アイデム 人と仕事研究所

〒160-0022 東京都新宿区新宿1-4-10 アイデム本社ビル

フリーコール:0120-225-153

永田幸江 氏 (ながた ゆきえ 氏)

特定社会保険労務士/キャリア・ディベロップメント・アドバイザー
東京都社会保険労務士会会員 北支部副支部長、日本キャリア開発協会会員  キャリアカウンセラー
ビジネス・キャリア検定試験(厚生労働省・中央職業能力開発協会) 労務管理分野試験問題作成委員自身の経験から企業と働く人々両者の立場を踏まえて、企業側へは多様な人材を生かす組織作りを、働く人々へは企業が求める人材像の提案を、労務管理の現場やセミナーの場で提案させていただく活動を続けている。

Z~i[JÈꗗ i{j Z~i[JÈꗗ i{j ߃Z~i[Eptbg_E[hj