未払い残業代問題から守る労務管理

講座記号:J34

時効が3年に延長!過熱する「未払い残業代請求」から企業を守るには!?
☆予期しない請求を防ぐために、労働時間管理の最新事情を解説
☆他では知れない「労働基準監督署の調査・臨検対応」を伝授


セミナーリーフレットのPDFはこちら

開催概要

日時 6月11日(木) 13:00~17:00(4時間)
会場 >>大阪会場
受講料 11,000円 
※テキスト代・消費税含む
対象 経営者、管理職、人事・労務ご担当者
内容

テーマ 内容
1. 未払い残業代請求の法的な仕組み(1) なぜ未払い残業代が発生するのか
(2) 「残業」とは何か
(3) 「残業」に含まれるもの
2. 労働時間管理の最新事情と各社の対応(1) どのように管理すればよいのか
(2) どこまで管理すればよいのか
(3) 他社事例
3. 労働基準監督署の調査・臨検について(1) どのような調査なのか
(2) どこまで求められるのか
(3) 調査・臨検の種類と特徴
(4) 会社の対応と留意点
4. 就業規則や賃金規定の整備(1) 固定残業代のメリットデメリット
(2) 固定残業代を設ける場合の就業規則の定め方
(3) 未払い残業を生じさせない就業規則の定め方
(4) 残業の命令受命関係と就業規則の重要性
(5) 残業と給与制度の関係
5. 柔軟な働き方ができる変形労働時間制(1) 1か月単位の変形労働時間制
(2) 1年単位の変形労働時間制
(3) フレックスタイム制
(4) 裁量労働制
6. 予期しない未払い残業代(1) 休日振替や代休と未払い残業
(2) 1年単位の変形労働時間制と未払い残業
(3) 1か月単位の変形労働時間制と未払い残業
(4) フレックスタイム制と未払い残業
7. 未払い残業代を請求されないために(1) これまでの実例に見る会社のリスクマネジメント
(2) どこまで堅く対応するか
(3) 今からできる会社の予防法

注意事項 ●セミナーお申し込みの流れや注意事項に関しまして、必ず下記URLをご覧ください。
 http://apj.aidem.co.jp/seminar/flow.html

●FAXからのセミナー申し込みをご希望の際は、下記URLの「公開資料」より
 「FAX用お申し込み用紙」をダウンロードしてください。
 https://seminar.aidem.co.jp/public/
その他おすすめセミナー こちらのセミナーに興味のある方におすすめです。
突然の調査で慌てないための労基署の基本対応法
パート・アルバイトが辞めない労務管理
労働生産性を高めるための賃金規定の見直し
このセミナーへの
お問い合わせ

株式会社アイデム 西日本事業本部 キャリア開発支援チーム

フリーコール:0120-005-093

岡西淳也 氏 (おかにし じゅんや 氏)

社会保険労務士法人岡西労務管理センター 代表社員。特定社会保険労務士、経営・労務コンサルタント(MBA)。日本銀行で8年間、コンプライアンス全般・国会連絡・訴訟等労働紛争対応にあたるなど異色の経験をもつ。2012年3月退職。得意分野は、賃金・人事制度の構築、メンタルヘルス対策、労働紛争解決。歯切れのよい口調で、現場を熟知した講義に定評がある。

Z~i[JÈꗗ i{j Z~i[JÈꗗ i{j ߃Z~i[Eptbg_E[hj