パワハラにならない!部下の成長を促す指導法

講座記号:J31

☆知らず知らずのうちに、部下に対してパワハラ行為をしていませんか?
☆「パワハラですよ!」といわれることを恐れ、必要な指導を躊躇していませんか?
パワハラを正しく理解し、部下に自信を持って指導できるよう一緒に学びましょう。


セミナーリーフレットのPDFはこちら

開催概要

日時 6月23日(火) 13:00~17:00(4時間)
会場 >>大阪会場
受講料 16,500円
※テキスト代・消費税含む
対象 部下を指導されている管理職の方、人事労務ご担当者
内容

テーマ 内容
1. 「それってパワハラですよ!」と言ってくる部下の育成 (1) 困った部下の4つの特徴
①規律の無視
②対人関係
③メンタル不全
④能力不足
2. パワーハラスメントはなぜ起こるのか?(1) パワーハラスメントチェックとポイント
(2) パワーハラスメントはどんな職場で起こるのか?
(3) モチベーションをアップさせる方法
~ハーズバークの「動機付け・衛生理論」から学ぶ
(4) 今どきの若者の「働く目的」とは?
~「働きやすさ」と「働きがい」
(5) 入社直後から再び「就活」する若者が増えている時代!
3. パワーハラスメントを正しく理解する(1) ハラスメントの基本的構造とは?
(2) パワーハラスメントの損害賠償請求の法的根拠
(3) パワーハラスメントの間接被害とは?
4. 相手の受け取り方ですべてが「パワハラ」になるのか?(1) 厚生労働省の「パワーハラスメント」の認定基準とは?
~業務の適正な範囲とは? パワハラのグレーゾーンを知る
(2) 2020年施行「労働施策総合推進法」とは?
(3) 裁判所はパワハラの証明に「秘密録音」を認定
(4) パワハラの加害者になる人の特徴
5. パワハラにならない部下指導法(1) 上手な叱り方
(2) 上司は部下のことをどれだけ知っているか?
(3) 上司の指示に従わないという「ハラスメント」
(4) 部下と上手に接する心得
【事例研究】
 ・能力の低い部下への指導法
 ・権利主張をしてくる部下への指導法
6. まとめ「部下を育成するための重要ポイント」

注意事項 ●セミナーお申し込みの流れや注意事項に関しまして、必ず下記URLをご覧ください。
 http://apj.aidem.co.jp/seminar/flow.html

●FAXからのセミナー申し込みをご希望の際は、下記URLの「公開資料」より
 「FAX用お申し込み用紙」をダウンロードしてください。
 https://seminar.aidem.co.jp/public/
その他おすすめセミナー こちらのセミナーに興味のある方におすすめです。
新人を自律型社員にするOJT指導者育成講座
部下のやる気を高める個別面談法
就活生の本音を引き出す採用面接講座
このセミナーへの
お問い合わせ

株式会社アイデム 西日本事業本部 キャリア開発支援チーム

フリーコール:0120-005-093

諌山敏明 氏 (いさやま としあき 氏)

アチーブ人財育成株式会社 代表取締役社長
NPO法人フィンランド式人材育成研究所 理事長
昭和60年 関西学院大学を卒業。同年、住友生命保険相互会社に入社。数多くの優秀営業女性社員の採用で成果をあげる。また、最年少の拠点長として社長賞の「進取クラブ」で全国入賞を果たし、全国の営業職員の人材育成に携わる。20年間で2000回の研修講師を通じ、生保トップセールス世界基準のMDRT入賞社員を多数輩出した。
2013年念願だったフィンランドに渡り、社会人の人材教育メソッドを習得する。2015年NPO法人フィンランド式人材育成研究所を設立し、現在、理事長を務める。

Z~i[JÈꗗ i{j Z~i[JÈꗗ i{j ߃Z~i[Eptbg_E[hj